Service3 バリューチェーン分析支援

価格表.png

28万円~

バリューチェーン分析とは、自社のビジネス・事業を「主活動」「支援活動」に分類して行うフレームワークです。事業工程を可視化し、それぞれを個別に分析することにより、「どこに」「どのような」付加価値が発生しているかを視覚化して分析することが可能となります。これによってSDGsへの取り組みによって生じるリスクと機会がどこにどのように生じるかを明確化することができます。
本サービスはバリューチェーンの洗い出しからVRIO分析までの支援を行います。

バリューチェーンの洗い出し
企画・開発、製造、物流、PRなど事業に関わるすべての活動を機能別に分類していきます。分類ができたら、生産から消費までの一連の流れに直接関係しているかどうかによって、主活動と支援活動に仕分けします。その上で、主活動をさらに細分化し、図式にして視覚化することにより、自社にどのようなバリューチェーンがあり、競争の優位性(あるいは劣位性)を持つかを把握できます。

※業種によってバリューチェーンの項目は異なります。

コスト分析
活動ごとの数字を出して収益性やコストを明確に把握

強みと弱みを分析する

SWOT分析などで強み弱みを分析

 

VRIO分析を行う。
「VRIO」とは、Value(価値)・Rareness(希少性)・Imitability(模倣可能性)・Organization(組織)の頭文字を組み合わせたものです。4つのテーマごとに活動の強みを分析します。